• ホーム
  • 一軒家はどのくらいの予算で建てることができるの?

一軒家はどのくらいの予算で建てることができるの?

おしゃれな部屋

一軒家を購入するときに、どのような間取りで広さはどれほどにするのか、どのような設備や家電、外壁にするのかなど、すべての問題は結局のところ予算に帰着します。理想の一軒家を購入できるか否かは、どれだけの予算を確保できるか、で左右されることになるのです。
しかし予算を正しく検討するには、一軒家を購入するまでの間に、どんな費目で出費が必要になるのかをおさえておくことが必須です。
よくハウスメーカーなどで坪単価と記載されているものは、家本体を建築するための費用を想定しているに過ぎません。それでは一軒家を建築して購入するにはどのような費目の費用が必要になるのでしょうか。

まず自己所有の土地でも確保していない限り、底地となる土地を調達することが必要です。土地の価格は周辺の商業施設や駅などの立地条件や、形状によっても異なってきます。同じ面積でも立地条件で価格は大きく変動することになり、逆に形状によっては価格を安くおさえることができる場合もあるのです。道との間に高低差があるような形状では家を建築するために整地工事が必要になり、出費がかさむこともあります。そもそも土地の購入費用が、一軒家購入のための費用総額の中で占める割合は高く、場合によっては土地の調達のためだけで数千万にのぼる場合もあるほどです。
あまりに好立地な土地を購入すると、肝心の家の建設費用が制限される可能性があるので、どこで折り合いをつけるのか、十分に検討する必要があるのです。
土地を用意できれば、家を建設するというステージに移行します。一軒家の建設費は住宅面積や、建材の材質外壁塗装、外観のクオリティなどによって左右されることになるのです。
住宅面積や間取り、材質や外装のクオリティなどは一軒家建設のための本体の費用のみといえます。

それに加えて、一軒家で日常生活を送るには、さらに追加の設備や機器が必要です。例えば駐車場や庭などのエクステリア工事や、水回りの各種の設備などは、家本体の費用とは別枠で必要になる諸費用というカテゴリーになります。これらの諸費用もカウントすれば、すべてを合計すると数千万円にのぼることも珍しくありません。
さらに建築確認申請や、住宅ローン加入と同時に事実上加入を義務付けられる火災保険なども諸費用に含まれるわけです。このように一軒家を購入するにはいろいろとお金がかさみます。希望の間取りや住宅面積を確保するには、予算にメリハリをつけて削るべき部分は削る姿勢が大事です。