• ホーム
  • 知っておいて損はない!ハウスメーカーの坪単価はいくら?

知っておいて損はない!ハウスメーカーの坪単価はいくら?

きれいなリビングルーム

ハウスメーカーにはブランドならではの信用と技術力の蓄積があります。ハウスメーカー各社には得意分野があるので、当然坪あたりの単価も異なってきます。信用力と安心感が高い一方で、価格はやや高くなりがちなので坪単価には特に高い関心が払われています。そこで、代表的なハウスメーカーの特徴と坪単価の概要をご紹介します。

積水ハウスは、テレビCMでも知名度の高いハウスメーカーですが、売上高は2兆円を超えるほどで、文句なく業界大手のリーディングカンパニーであることは衆目の一致するところです。積水ハウスは200万戸以上の建築実績を持ち、最近では空気内に飛散する化学物質を抑制するエアキスで注目を集めます。積水ハウスの坪単価は、70~80万円程度になっています。

ダイワハウスは、戦後からしばらく経った1955年に創業して以来、住宅はもちろん各種の商業施設も手がけるなど、総合建築事業を展開しています。ダイワハウスは広々とした空間と耐震性を両立させたジーヴォシグマなどで注目を集めています。60年の長期保証に定期点検など万全のアフターフォローもメリットの一つで、坪単価は40~80万円となっています。

住友不動産は、デザイン性に優れた住宅建築に定評があり、グッドデザイン賞を連続受賞するなどの実績に特色があります。住友不動産は独自ブランドのタワーマンションも数多く手がけており、都市再開発事業などの受注実績も豊富です。スタイリッシュでモダンな外観といった点は共通しておりブランドイメージにもなっています。住友不動産の坪単価は50~70万円ほどです。

住友林業は、木造住宅に特化しているのが特徴です。住友林業はビッグフレーム構法など耐震性の高い木造住宅を提供しており、坪単価は80~90万円ほどです。

セキスイハイムは、世界に先駆けて工業化住宅を導入したパイオニア的存在です。セキスイハイムはRC系が主流ですが、木造住宅も対応しており、坪単価は65~75万円ほどです。

ミサワホームは、企画型住宅が多いのが際立っています。ミサワホームの住宅の住人からは、住み心地がよいとの評価が高く、坪単価は60~75万位です。

一条工務店は、販売戸数では業界トップレベルです。一条工務店の建物は基本スペックが高く省エネ性に優れているのが特徴で、坪単価は50~80万円位になっています。

アイダ設計は、555万円でおなじみのハウスメーカーです。アイダ設計は坪単価23~30万円程度とリーズナブルでありながら、耐震性などにも優れているのが特徴といえます。